脱毛か脱色か

ムダ毛処理にはムダ毛を脱毛してしまう方法と、毛はそのまま残し、脱色して目立たないようにする方法があります。

それぞれに良いところがあるのですが、果たしてどちらを使うか悩むところですね。

脱毛処理と言うと、カミソリやワックス、クリームかエステやクリニックに行って処理をしてもらうかになります。

これだと、ワキ、腕、足など広範囲が処理可能です。

ただ、痛みがあったり時間がかかったりするのが面倒なところです。

脱色は、ムダ毛の色を目立たなくするものですから、毛を剃ったり抜いたりする必要もなく簡単です。

しかし、脱色の場合は腕や足しか処理できません。

ワキは別の方法で処理することになります。

それに、ムダ毛の色を抜くくらいですから、薬の威力は相当なものとなります。

肌に合わず、かぶれてしまう人もいるようです。

私は過去にムダ毛の脱色をしたことがありますが、薬を塗布してすぐにピリピリしてきたのでうまくできませんでした。

もちろん、全員がそうなるわけではありませんが、注意が必要な方法です。

このように、脱毛、脱色それぞれ一長一短ありますので、使用をする際はよく検討してからが良いですね。

ちなみに、私の周囲は脱毛する派が多いようです。